« 龍神村にたこ焼き屋さん | トップページ | 田の名 »

2009年5月30日 (土)

わさ植え

 わさ植えは田植えの始まりのことを言います。昨日は、時々雨が降る中で今年の田植えをはじめました。

 田起こし、ひて田、田植え、いつも一番山際の丸田(田の名前)から始めます。収穫は逆に道路沿いから始めます。田んぼへ入る畦道は狭すぎて機械が通れず、田んぼの中を移動するのでこのような段取りになります。

 何故か節目の日には『おさやん』が現れます。そして何か一言言ってくれます。昨日も田植えの作業にかかると、ちょうど通りがかり車から降りてきてくれた。

 「やりつけたのう(頑張って仕上てきましたね)」から始まって様々な話をしてくれた。今回は、雨が降らないけど、自然に任せてゆっくりやりなさい・・・・と言ってくれた。おさやんによると、自分という字は自然から分かれると書く、自分という人間は自然の一部だから、自然に対して逆らったりせず、おごりも持たずに生きなければならない。と言うような内容だった。

 帰り際には「麦は刈って干しておいてくれたら、こなして(脱穀して)あげる」と、訓示だけでなく手助けの約束までしてくれるのもありがたい。

Img_7097

 今朝、田植えのすんだ丸田の早苗は立ち上がり、雨上がりの西明(にしみょう)には霧がかかっていた。

 

|

« 龍神村にたこ焼き屋さん | トップページ | 田の名 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 龍神村にたこ焼き屋さん | トップページ | 田の名 »