« 蕗の佃煮 | トップページ | イチゴ »

2009年5月16日 (土)

モグラのトンネル

 朝は5時前に田んぼに出ます。

 ゆっくりでも朝と夕方に2時間ずつ作業を続けていると何となく楽しいし、その分だけ残った作業が少なくなります。

 時々残業もします。

 うちで一番大きな田は柳田といいます。そこに水を入れ始めて数日立つのに溜まってこない。近くの田を耕すおじいさんが「柳田の道路のところの角。あそこから漏れとる。と思う」夕方わざわざ教えに来てくれた。

 田んぼの名前を知っているのもおかしな話ですが、水漏れの場所まで言うところがおかしかったし、ありがたかったので「耕運機で混ぜとかんせえ」の助言どおり夕方から耕運機を運び入れた。

 畦際の土を平ぐわで避けて、そこを耕運機でかき混ぜる。辺りが暗くなるまでそれを繰り返して家に帰った。水を多く含んだ土をドロドロにすると、溜まった水が漏れなくなるのです。

 朝、様子を見に行くと大体溜まっていた。

 耕運機は昨夜のうちに別の田に移動したので、作業の残っているところを歩いているとごぼごぼと音が聞こえてくる。モグラのトンネルを通って水が抜けていた。

090516_06060001

 仕方なく土を取り除き、穴に石を詰め、まわりの土と水をくわでかき混ぜ、足で踏んで何とか水漏れはおさまった。

 棚田の端っこにモグラがトンネルを掘ると、恐ろしいくらい水を無駄使いしてしまう。

|

« 蕗の佃煮 | トップページ | イチゴ »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕗の佃煮 | トップページ | イチゴ »