« 天気の都合 | トップページ | 高月 »

2009年5月24日 (日)

宮代小学校タイムカプセル

 宮代小学校は130年の幕を閉じた。

 閉校にともなって様々な記念行事があったのですが、今回が最後でタイムカプセルに記念の品を入れて埋めました。

090524_16120001

 地域の人やら宮代小学校最後の年に勤務されていた先生方も集まってくれていた。穴を掘って埋めるという行為はいざやってみると、せつないものがあった。

 掘り出すのは誰が決めたのか30年後だそうです。そのときの人たちは、掘り出すのにわくわくするのだろうか。

 タイムカプセルに詰め込んだ品は、宮代地域の今をあらわすものが多かったように思う。私たちはそれらの物以外に、宮代小学校の130年の歴史も埋めた。せつなさの元はそれだったのかもしれない。

|

« 天気の都合 | トップページ | 高月 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

なんかさみしいね
まぁ私やぶんちゃんやおにいちゃんの作文を笑いながら読んで130年のおもみとたのしさをかんじなされ

投稿: 真ん中 | 2009年5月25日 (月) 20時36分

確かなものがなくなることを実感する『はかなさ』やね。

投稿: 英 | 2009年5月25日 (月) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天気の都合 | トップページ | 高月 »