« 感性を分けてもらう | トップページ | 発展する流れ »

2009年6月24日 (水)

柚子彦

ラブラドールの柚子彦は、うっふとシェリーの子です。

Img_7214

彼が滋賀県の農家にもらわれてから、毎年出会いに行く。久しぶりに出合った瞬間はけたたましくほえるのですが、しばらくすると思い出すのか、遊び相手だと判断するのか、親しくしてくれるようになる。

同じうっふとシェリーの子でもそれぞれの育つ環境で、スマートなもの、がっしりタイプ、おてんば、あいそよし、それぞれ見ていると楽しい。柚子彦は農家の犬らしくがっしりしています。

帰り際には、飼い主さんの畑に案内していただき、自家用にとたくさんの野菜を頂いた。

Img_7211

近江の田畑は、龍神のそれとは違いどこまでも広かった。育っている野菜も柚子彦のようにずっしりと大きい。

|

« 感性を分けてもらう | トップページ | 発展する流れ »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

私もゆずに会いたかったなあ思いだしてくれるかなあ

投稿: わがまま | 2009年6月25日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感性を分けてもらう | トップページ | 発展する流れ »