« 箱娘 | トップページ | 夢と思い出の家 »

2009年6月 8日 (月)

水と気遣い

 谷の水がなくなってきた。

 もう梅雨になる、もう梅雨になる。期待しながら待っていますが、まとまった雨も降らず谷の水がなくなってきました。それでも何とか田んぼには水がたまっています。

 ありがたいのは、話し合ったわけでもないのに、仲良く谷の水を分け合っていることです。それぞれの人からの気遣いが分かります。

 秋まで来なくてよいといってくれた、北の『けーやん』は、うちの田に水が少なくなったからと自分の田の水を引き入れてくれていたと、今朝『こーやん』がおしえてくれた。

 麦を刈取った後の田にやっと水を張り、代かきを済ませた。2日ほどしたら最後の田植えをする予定です。

Img_7142

 早く植えられるようにしようと気を取られ、我が家で一番小さな高月という田の見回りを忘れて、干上がせてしまった。

Img_7144

 高月に『ごめんね』と『がんばれ』をとなえながら、水を引き入れた。

 まわりの人たちの気遣いに甘えずに、しっかり水管理をしなくてはなりません。

|

« 箱娘 | トップページ | 夢と思い出の家 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

また今年もひび割れを踏んで水漏れをとめに行かんならんのかなあ

投稿: わがまま | 2009年6月 9日 (火) 21時07分

その心構えが嬉しいな。

投稿: 英 | 2009年6月14日 (日) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱娘 | トップページ | 夢と思い出の家 »