« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

イワタバコ

龍神温泉にこられた方を100年の森に案内する、朝の散策は続いています。

今朝はイワタバコが咲いていました。この花は盆のころが盛りのように思うのですがどうも今年は早いようです。

Img_7432a

このイワタバコの花は、落ちた花が美しい。別に変わりはないのですが、手元でじっくり見るときれいに思えるのです。

Img_7433b

そして、シダの上に『ポツリと一輪』みつけました。

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

朝霧と夕靄

もうそろそろ梅雨明けでしょうか

朝、田の草とりに行き霧の中から東光寺の方を見たら、お日様は見えないのですが雲の薄いところが光って見えました。

090730_05

 手前に突き出した枝はねむの木。花が咲いていますが、これももうすぐ終わり、クズの花に変わります。

 夕方、勤めから帰り、また、田に行き草とりをする。昼間、息子があぜの草刈を済ませてくれていたので、『ハビ(マムシ)はいないか』等と心配しなくても、目的の田まですたすた歩ける。

 家内が野菜の様子を見に来て声をかけてくれたので、草とりを早めにやめ帰ることにした。

090730_18

 夕方の日高川は、流れの上に薄く靄を作っていた。

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

あまだれ

 朝夕棚田の様子を見に行く。

 主な目的は水の管理ですが、よく見ると鹿が入っていたり、マムシがいたり、これから先は収穫前の田にサルがやってきたり、イノシシが入ったりしはじめます。

 梅雨が長く続いていても、毎日棚田を下から上まで見て歩きます。時々明るい雲を信じ、安心して手ぶらで歩いていると急な雨に会うこともあります。

 今朝の通り雨は、「さお屋」(稲を干すときのサオや、ハナチ杭を保管する細長い小屋)で背中を丸めてやり過ごしました。

Photo

 普段、一人でひとつところでゆっくりすることは滅多にないのですが、雨だれの向こうにさまざまな景色をさがし、眺める時間も楽しいものでした。

| | コメント (0)

2009年7月28日 (火)

積み重ね

 長くブログを更新しないままにおります。

 パソコンが壊れたのを幸いにブログを休んでおり、メールも受信しないままですから、新しくパソコンをセットした後の受信を今から恐れています。

 それはともかく、雨続きで空いた時間は、草と戦っております。同じ作業の繰り返しはつらいので、朝は田んぼ、夕方は畑と決めており、一度の作業は長くて2時間と決めて汗を流している。

 草を一本引けば一本減る。それの繰り返しで、ただただ黙々と作業する。

 家に帰ると息子から与えられた課題が山ほど積まれ、時間をみてはそれらの小説を端から読む。読んでみると、本の中に「あの時あいつが言ったことはこのことだったのか」と間接的に心のうちを教えられたりする。

 家族との会話の中でも、自分の都合で、言葉の内側も考えずに受け答えしていることがなんと多いことか・・・・。

 一粒ずつ種をまくように、一本ずつ草を引くように、いつまでたってもひとつずつ積み重ねなければならない。

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

シャキッ

ピーマン収穫を始めています。

 おじいちゃん(父)がピーマンを作り出荷を始めて10年以上になる。毎年、耕運機がやっと入る棚田に畝を作って、マルチをして、ネットを張る。時間をかけて作るピーマンです。これから秋まで、ほぼ毎日出荷できない物が食卓に上るのですが、いつもおいしい。

 「これを食べると夏でもシャキッとする」と、私には苦味の強いゴーヤを鹿児島出身だという女性はおいしそうに食べていたのを、昼ピーマンを食べながら思い出した。

 わたしたち家族にとって、ピーマンがそのような役割をしていてくれているように思う。食べることもそうですが、畑に出て世話することも生活にメリハリをくれています。息子が担当するピーマンは、おじいちゃんおばあちゃんが今、草取りをしてくれている。

090714_12510001_2 

 効率がよいとは言えませんが、時間をかけて世話した肉厚のピーマンの味は格別です。

| | コメント (0)

2009年7月13日 (月)

輝き

 七夕の日の増水から1週間が過ぎた。

 けっこうな雨が降ってからも時々夕立のような雨が来たのですが、徐々に日高川の流れも落ち着いてきました。今朝も、急な雨にびっくりしたのですが、7時過ぎには小降りになり、8時に空は明るくなってきました。

 8時過ぎに家を出ていつもの道を勤め先に向かっていたら、日高川の流れがきれいに輝いて見えた。太陽が雲の隙間から当たった瞬間でした。急いで車を止め雲に隠れてしまった太陽が出るまで眺めていた。

063

 太陽が雲の隙間から姿を出したけど、日高川にさっき見た輝きはなかった。

 カメラにおさめようとか、もう一度見ようとか、そんな欲が湧いたとき、ものの輝きが見えなくなってしまうのかもしれません。

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

レストランのにおい

 嫁に掘られるくらいならと思ったかどうか、

 おばあちゃんが早々と掘ってしまったことを家内は、小さなジャガイモを見て笑いながら嘆いていた。

 ところが世の中捨てたものではない、滋賀県で農家をされている知人から、たくさんのジャガイモが宅配便で届き、これは当面のものだから残りはトラックで引き取りにいらっしゃいとメッセージを頂いた。

 荷物の主Kさんは、我が家の愛犬『うっふ』(ラブラドール♂)と『シェリー』(ラブラドール♀)の子供『柚子彦』(♂)を飼ってくださっている方。毎日田畑に連れていってくれ、かわいがってくださっている。

 そこで早速、滋賀県まで柚子彦に会うことを言い訳にしてトラックで出かけた。そして沢山のタマネギと何種類ものジャガイモを頂いて帰った。

090629_101900011

 これはほこほこ、これは煮崩れしない、これはもちもち、これは・・・・。家内はすぐにそれぞれの特徴を把握した。毎日、タマネギ、ジャガイモ、それに出荷用に栽培しているピーマンを使って料理をしてくれます。

 今一番ヒットは、ジャガイモの冷たいスープです。

090702_12310001

 以前、村にある知り合いの店『梅樹庵』(めいじゅあん)でいただいて以来です。これを家庭料理として飲ませてくれるとは、家内も大したものです。

 我が家は、毎日手作りレストランのにおいがしています。

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

雨ぶさん

 雨降りに仕事を休みゆっくりすることを『雨ぶさん』といいます。

 谷の水がなくなって田んぼに引き入れる水をどうしようかと心配しているところに雨が降り始め、今度は毎日続く雨で田畑が崩れてしまわないかと心配しながらおります。

 朝から雨脚の早い日は、雨ぶさんとなります。それは人間だけではなくて、愛犬たちも同じ事です。

 犬走りを一日中うろついて、宅配便にだけは尻尾を振るのですが、それ以外の人には吠える『うっふ』も玄関に入って雨の様子をじっとみて一日を過ごします。

090709_12030001 

 雨ぶさんは、人間も動物も日ごろの仕事を忘れて、ゆっくり休むことができるのです。

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

ナメクジの糸

 長身の家内には、勝手口につるしている玉ねぎが邪魔だというので場所を変えた。

 脚立を片づけながら 今日も雨か・・・と、何気なくアルミ製のひさしの柱を見たらナメクジが糸の先にぶら下がっていた。どう見ても自分で糸を出しているとしか思えない。そして、徐々に降りてきているのです。

026_2

少し勇気はいったけど、下からも見てみた。

037

 糸がなかったらアクロバットです。(糸があってもアクロバットか)

 その後、地面から50センチくらいの位置まで来たとき、ナメクジは無謀にも飛び降りた。

Photo

 ベッチョッ!となっていたけど、その後、角も目玉も出して元気に動きながら石の陰に入った。≪おそるべしナメクジ≫

| | コメント (1)

2009年7月 8日 (水)

楽しい一日

 私は、登美屋で、田畑で働くこと、訪れた人を案内する仕事のほかに、建設会社で働いている。

 建設会社の関係で山に行くことも多いのですが、今日も朝から現場を見るために林道に入った。先日来の雨で落石があったりして、道路に落ちたい石を避けながら進むのです。が、ジープタイプの軽四でも、たまには石をどけないと通れない場合もある。

 一度だけ、そのような場所があり車から降りた。また車に乗り込んで何となく足を触ったら、ヌルッとしたものに指が触れた。『ヒル』。車を止めて払い落としたとき、目の前に『カモシカ』「なあ、ちょっと待って」呼びかけたら、止まってくれました。

001

 ヒルに食われたことも忘れて気分よくしていたのですが、少し進むと土砂崩れ。仕方なく歩くことにした。林道のカーブを曲がると鹿が跳ねるように逃げる姿。彼らに「ちょっと待って」は通用しませんでした。そのようなことが何度もあって午前中だけで10頭あまりの鹿に出会った。

 家に帰ると、七夕飾りを流すのであれば仲間に入れてほしいというメール。それではと一緒に出かけた。「七夕飾り、きれいに闇の中に消えたよなぁ」と話しかけたら、手をあわせ目をつぶっていたから見えなかったとこたえられ、この行事も来年からはまじめに取り組もうと思ったのでした。

030 

 いろんな楽しいことでいっぱいの一日でした。(パソコンがこわれたこと以外は・・・・)

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

七夕飾り

 子どもたち、兄弟、親友、みんな笑いながらそれぞれの願い事を伝えてきた。

 笑い事では済まない願い事もあるのですが、願いを口に出すことで少しほっとしたような、人に伝えた安堵のようなものを相手から感じながら、木製の短冊に依頼を受けた内容をできるだけ忠実に墨で書いた。誤字も読めない字もあるけど、気持ちがそれを補ってくれると信じている。

Img_7325

 紙を切って飾りを家内と作った。色紙が足らなくなったので夕方『たまや』へ行ったら、今は置いていないという。宮代小学校がなくなったことをこんなことで知らされることはさみしかった。気を取りなおし家中をさがして何枚かの千代紙で不足分を補った。

Img_7327

 楽しそうだから始めた七夕飾りです。皆さんに「願い事はひとつだけ」を条件に出していただいたものには、これまでの付き合いだけでは気付かなかったそれぞれの、気遣いいっぱいの生き様を知ることになった。

Img_7331

 飾り付けた願いは、雨の中に飾った

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

田の草取り

田の草が生えてきました。

除草剤を一度やったのですが、思い通りにはいかなくて、でも2回も除草剤を使う気がしなくて、そこで登場するのが草取り機です。

Img_7287

 私の知る限り我が家では、母が手で草取りをしていたように思います。

 最近あるはずのない草取り機が乾燥場の前においてあった。きっと誰かが下さったのだと思う。そこでここ3年ほどは、田の中に草が伸びてくるとこれで退治している。

 それで田の草がなくなるわけではなくて、秋には草だらけになっています。

 それにしても、このように草取り機を横から見ると、格好がよい。走るためだけに生まれたマシーンと同じように草取るためだけに洗練された形になっているような気がします。

 そのように思いながら田んぼの中を押したり引いたりしながら進んでいるとおしゃれな気分になります。

| | コメント (0)

2009年7月 4日 (土)

円形劇場の観客席

 私が生まれ育った古い家は、宮代オートキャンプ場の向いにあります。

 その宮代キャンプ場を円形劇場の舞台に見立てると、日高川をはさんで観客席に当たるところが棚田になっており、そこに家々が点在する。私の田畑は、生まれ育った家を中心にして、その観客席の西と東の端にあります。

 稲が育つ間は、朝夕西の端にある田に行きます。水の管理をするためですが、それ以外にも畦の草刈りをしたり、田の草取りにもいきます。

 西の田には納屋と車庫と乾燥場があり。農機具・肥料など資材を保管しており、一番使うのが乾燥場です。乾燥場は昔は『あぶり小屋』と呼ばれ、しいたけの乾燥をしたところなので、ひと休みする場所ですが今でも乾燥場と呼びます。

Img_7288 

 農作業のいっぷくは、30年現役のサマーベッド。最近それに加わったのが、家内の実家でもらってきたテクニクスのスピーカーと公平ちゃんの家でもらったミニコンポ。

 円形劇場の観客席で寝ながら聞くクラシックも良いものです。

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

理想と現実

 田植え準備にもみを蒔く時、苗を育てる箱に品種ごと異なった色のテープを張ることで識別します。間違って田に植えてしまうと大変だからで、作業前にはみんなで確認するための、ラミネートした計画を見せます。

Img_7061 

収穫までこのシートは使われ、それにより計画通りにことが運ぶのです。

そして今年も田植えを始めたのでしたが、一番大きな柳田で苗が足らなくなり仕方なく最後の4筋だけ『もち苗』を植えた。

準備の段取りがよくても、実行に移すと失敗するのは登美屋では常識。どうしたらよいか考えたあげく、看板をあげることにした。離れたところに1枚だけある田ですから、識別の必要もないのですが、心を込めて看板を作りました。

Img_7290 

来年こそ、吊り下げる品種名プレートは計画通りの1枚にしたい。

| | コメント (0)

2009年7月 2日 (木)

尽きない心配

 雨音がひどい夜は、大きな音で音楽を聴きながら眠る。

 実は、大風・大雨恐怖症なのです。風雨で山や田畑が崩れないか、その心配が神経をすり減らすのです。

 ここ2晩は雨がひどく、特に昨夜のように眠るようになって激しく降られると、夜中に何度も目が覚める。

 今、私を救ってくれているのは、坂田明さんの『ひまわり』。これで何とか眠っているのです。夜中に目が覚めるとまたそれを再生する。

 昨夜の雨も明けてみると心配するほどのことはなかったようで、すがすがしい朝になっていました。

Img_7284

 朝の気持ちよい空気の中で、この先台風が来たらどうしようかと心配は尽きない。おじいちゃん(父)が言う『何が起こっても、家族が元気ならそれでよい』などという心境にはなかなかなれない。 

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »