« メダカ | トップページ | おばあちゃんがやさしかったわけ »

2009年8月11日 (火)

宝物

 龍神村森林組合がFSCに登録されたとき、狭い面積ですが我が家で『どれざこ』と呼んでいるところも『生物多様性の高い私有天然生保護林』としてその仲間に入れてもらっていた。

 今年間伐を計画しているので下見に入った。ここでは、ミツバチの様子とムササビの巣、鳥の巣などのある木に注意のためのカードをつける作業をした。

Img_7454

 ムササビの巣がある木を残すだけでなく、巣の近くで移動のために使う木も残しておかなければムササビが不自由するのでそれにも、テープを巻いてマークする作業も大切です。

 古い杉の木の洞に巣を作ったミツバチは、去年より多くの蜂たちが忙しそうに、飛び立ったり帰ってきたりしていました。私が近づくと威嚇でしょうか何匹も入り口に集まって、いっせいに波打つように動くので、そっとして帰ってきました。

Img_7455

 冬になったら、長い棒を突っ込んで蜜をなめてみようと思います。

 ここ『どれざこ』は我が家の宝物です。

|

« メダカ | トップページ | おばあちゃんがやさしかったわけ »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メダカ | トップページ | おばあちゃんがやさしかったわけ »