« 虫眼鏡 | トップページ | 四国の山並み »

2009年9月19日 (土)

稲はち

 ついに食べる米がなくなり、『かよちゃん』に無理をお願いして分けてもらったのは1週間前でした。今日は、娘たちも帰ってきて、敏やんから借りている中西の田で先日からさおに天日干しをしていた稲をこなした。

Photo

 娘婿が1日遅れて帰ってくるので子供たち3人が田の中を走り回って、脱穀をしてくれるので、私は別の田の稲刈りをすることにした。

 稲刈りをしているとお母さんがやってきて「おじいちゃんたちが、『仲間に入れろ』と怒っている」というので、どうぞどうぞと返事をした。そこへ、中(なか=屋号)の『まーやん』が手伝いにやってきてくれ、谷を隔てた向こうとこっちで、大賑わいになった。

 刈り終り、さおに稲をかけ終わり一休みしようとしたら『まーやん』はテレビのヒーローみたいにさっと家に帰ってしまった。

Img_7618

 みんなで明日の段取りと、婿が来たら新米を食べることにしようと相談して、家に帰ったのでした。

めでたしめでたし

|

« 虫眼鏡 | トップページ | 四国の山並み »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

稲はち、懐かしい響きですね。としやんもかずやんもたくやんも居なくなっつた西明の田んぼでとみやの皆様が活躍しておられる様子がよくわかりました。都会では何か家族で一緒にすることが無くなったので本当に羨ましいですよ。なかのまあやんかっこいいですね。写真の左はしには月光仮面も来てますね


投稿: おさやんのいもうと | 2009年9月20日 (日) 19時10分

おさやんのいもうとさんこんばんは

 いつもだったら雨に会うことが多く、なかなか乾燥が進まず、稲を干しっぱなしになって、さお屋のさおを全部出し切ることもあるのですが、今年は天気続きモミがよく乾くので稲はち(脱穀)が順調に進み、出したさおを順に使えて作業が楽にできます。
 それに、手伝ってくれた正義の見方のまーやんが、自然薯を届けてくれ、昨日はお好み焼きを、今日はとろろ汁。おかげさまで、張り切って田んぼの作業ができています。

投稿: 英 | 2009年9月20日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虫眼鏡 | トップページ | 四国の山並み »