« ものの見方 | トップページ | 冬イチゴ »

2009年11月10日 (火)

薪割り

 我が家は、薪が風呂とストーブの燃料です。毎夕方になるとおばあちゃん(母)が薪割りを始める。風呂の焚き口に座ってヨキ(小さな斧)でこつこつと音を響かせながら作業を続ける。

P1000179

 様子を見ていると、火をつけて風呂を沸したいのだろうと思うのですが危なくてさせてあげられません。

 おばあちゃんが薪割り始めるまでに風呂を掃除して洗い、水をためておきます。そうしておかないと、目を離した間に火をつけてしまうこともある。今までも何回か空焚きをしてしまったことから、先にできるだけ安全な状態を作っておかないといけないのです。

 一日家でゆっくりしていると、何か後ろめたい気がして家族のために風呂でも沸かそうかという気になるのでしょう。ですから、気が済むまで薪割をしてもらって、おかげで温かい風呂に入らせていただいています。

 

|

« ものの見方 | トップページ | 冬イチゴ »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ものの見方 | トップページ | 冬イチゴ »