« 廃校の秋 | トップページ | 特別なこと »

2009年11月 6日 (金)

お茶の花

 お茶の花が咲いています。けっこう早くから咲き始め寒くなっても順に花を付けるので『いつ咲く花』とは言えません。

P1000112

 白くきれいな花ですが、霜が降りたり雪が積もったりすると蝋梅のように透き通った花びらに変わり、それはそれでまた美しいものです。

 私たちのくらしの中でこのお茶の木は無くてはならないもので、物心ついたときから家の近くの田畑の周りにあり、春その葉を摘んで加工、乾燥したお茶は、おかいさん(茶がゆ)を炊くには無くてはならないものです。ご飯を食べることのほうが多くなった今では、食事の後のお茶にとその役目が変わりました。

 花はだらだらと長く咲くけど、このお茶の渋みは私たちの日々の生活に節目をつけてくれています。

|

« 廃校の秋 | トップページ | 特別なこと »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廃校の秋 | トップページ | 特別なこと »