« 木とくらし | トップページ | 味噌の準備 »

2009年11月17日 (火)

若い味噌を食べる

昨年仕込みをした味噌を食べつくしてしまい、ついに今年の春先に仕込んだまだ若い味噌を開けることになった。

味噌を出す時は、どこかにこぼしたりしそうな不安があって、一人では作業をしないようにしている。今夕から家内が実家の両親の元へ看病に行くので、朝から封を開けてみることにした。

一度仕込むと食べるまで覆いを取らないから、不安と期待をいっぱいもって封を開ける。

P1000230

3月18日、みんなでわいわい話しながら仕込んだだけあって、すごくよくできた味噌のように見える。

P1000232

混ぜてみると、ますます美味そうな匂いと色です。

ただ、家で採れた、麦と米と大豆それだけで素人が作るのに、日本の風土と言うのはまことに有難い。『手前味噌』の言葉どおりにすごく美味しい味噌が出来上がる。

明日の朝の味噌汁にはこれを使ってみます。

|

« 木とくらし | トップページ | 味噌の準備 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

手作りのお味噌なんて作れる人すごく尊敬します、何もできない私には羨ましいかぎりです、根気のいる作業ですよね。
美味しいんでしょうね。

投稿: コスモス | 2009年11月17日 (火) 20時09分

コスモスさん
日本の風土から生まれたものですからすごく簡単で、手間は思うほどでもないのです。仕込むときの『気持ちだけ』根気はいらず、あとは寝かせて有難い日本の気候にまかす。
今日、家内が麦と米を水に浸けて準備を始めていますので、日を追って手順をブログに書いてみます。よろしかったらご覧ください。
ご自分で味噌を作られたら、誰が作ったものより美味しい味噌になることを保障します。

投稿: 英 | 2009年11月17日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木とくらし | トップページ | 味噌の準備 »