« 自然体 | トップページ | 竹内さんから »

2009年12月24日 (木)

正体

 10年ほど前のクリスマスイブ、友人の家に行くと小学校低学年のその家の男の子が夕方なのにもう布団に入って眠っていた。枕元には『さんたのしょうたい』と鉛筆で書かれたメモが置かれていた。

 そして今朝、正体はどうでも良いから、我が家にサンタがやってきてほしいから毎年の看板を道路に向けてかけた。ついでにポスト代わりの大きな靴下と人形をもみじの枝に吊り下げた。

P1000869

 薪ストーブの煙突掃除は、きれいに燃えているから煤はまったくといってよいほど付かないので心配ない。問題は夜も火があるから熱いことだ。

P1000808

 夕ご飯はクリスマス風。赤と緑と鶏肉があればクリスマスになるのだと家内は言う。「じゃ、サツマイモは?」とは訊かなかった。

P1000872

 息子が、入院中の家内の両親にケーキをプレゼントして見舞い、ついでに家の分を買ってきてくれたので、みんなでいただいた。チョコレートはおばあちゃんが先に食べた。

P1000874

 さて、今夜から明日に、サンタクロースの正体を知ることはできるのでしょうか?

 自分を気遣ってくれる人(動物も含む)みんながサンタなのだと思いたい。けど、実際はプレゼントを届けてくれる人がサンタかな。

|

« 自然体 | トップページ | 竹内さんから »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然体 | トップページ | 竹内さんから »