« 親らしいこと | トップページ | 山の恵みで年を越す »

2009年12月 9日 (水)

ともに生きる

朝夕、犬たちの散歩は何があっても欠かしたことは無い。

P1000494

逆に犬たちは、私や家族を引き連れて散歩に出るのが日課と考えているのかもしれない。

それはどちらでも良くて、一緒に自然へ踏み出し同じ時を過ごす大切な友です。

散歩に限らず同じ時間を過ごすとき、そこに互いを思いやるものがあるなら、相手は何にもかえ難い大切な存在になる。

それは、家族だろうが動物だろうが生きるものすべてに共通だと私は思う。

P1000492

今朝は、霜、初氷。散歩道は、さくさくと一歩踏み出すごとに気持ちよい音をたてる。寅次郎(『うっふ』と『シェリー』の子)が家に帰ってしまう日にふさわしいシャキット気持ちよい寒さです。

P1000506

トラ(ラブラドール♂寅次郎の愛称)のお母さん(飼い主)が体調をくずされ、我が家でしばらくトラの面倒みることになったので、今回の里帰りは一番長く家にいたことになります。

長くなると生活のパターンが出来上がる。「お前は本当にお馬鹿さんやなあ」と撫ぜると「うん」って返事しているみたいにごろんと寝転び腹を見せたりする。

P1000374

夕方、飼い主さんが待つ家へトラを送っていった。

「なぁトラ、お前はほんまにアホやなあ」車の中で何回も話しかけた。トラはそのたびに「そうかなぁ」と首をかしげた。

|

« 親らしいこと | トップページ | 山の恵みで年を越す »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親らしいこと | トップページ | 山の恵みで年を越す »