« 今朝の雪 | トップページ | 冬至と山祭り »

2009年12月21日 (月)

なお達者

おばあちゃん(母)は11月で82歳?かな。敬老の日はお祝いしないけど、みんなでケーキが食べられるから家族の誕生日は必ずお祝いをします。ですから、家族全員の誕生日は覚えているのですが、誰が何歳なのかはあまり気にしていません。

Photo

それはともかく、先日から年末用に神棚にお供えする榊に松・笹・梅をつけた通称『松竹梅』を農協へ出荷するために準備をしていますが、何故かこのようなことに闘志を燃やすおばあちゃんが、明け方?3時に起き出して作業しようとしたらしく、畳の上でこけた(転んだ)。おじいちゃんが助け起こし、布団に寝かせたけど、どこかを打ったらしい。その話を聞き心配したが、ご飯は美味しいと食べるから『大丈夫』とした。

その日は雪。「わしも榊を・・・・」雪の積もった外に出てくる。ですからいつも雪の掃除をしておかないと、いつおばあちゃんが外に出て転ぶかもしれない。次の日からは打ち身の痛さが出たのか、部屋でゆっくりするようになった。

歩くのが大変だろうし、雪で転んだら大変なので、離れで一緒にご飯を食べるようにした。

P1000718

お母さんが御坊の実家へ両親の看病に行ったので、息子が食事の準備。シチューに、さばの煮付け、おひたし。味噌汁が運ばれる前におばあちゃんは食べ始めた。

P1000719

食べながら、おじいちゃんに『はんちゃ』(綿入れ)を着せてもらって、みんなが食べ終わっても、まだ食べて最後はバナナでやっと「ご馳走様」。

今日、息子に連れられ診療所で見てもらったら、背骨がずれてるけど今回が原因だったら痛くて我慢できないだろうと先生は言う。

おばあちゃんが言うには「こけたとき、体の中でグキッって音がした」らしい。大変な時代を生き抜いた人は、こけてもなお達者です。

|

« 今朝の雪 | トップページ | 冬至と山祭り »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝の雪 | トップページ | 冬至と山祭り »