« 山の恵みで年を越す | トップページ | ポン酢をしぼる »

2009年12月11日 (金)

一番美しいのは

私は家の仕事以外に、建設会社へ勤めに出ています。

作業することはめったに無いのですが、時々現場を見に行ったりします。先日、林道を修繕する予定の現場へ行ってきました。

ひとつ目の現場を見て次に向かっていると、茶色に輝くヤマドリが道路に出てきたので車を止め、通り過ぎるのを待ちました。やり過ごし少し走って車を止め降りると、たぶん同じ鳥がえらい形相で追っかけてきたので慌てて車に逃げ込んだ

そのヤマドリはその勢いのまま茂みに入ったので、安心して林道の様子を見ているとまた現れ、今度はずっと鳴きながら私の周りを離れない。

Photo

きっと彼(尾が長いのでオスだと思う)が何か大切にしている場所に私が近づいたのだろうと思い、早々に立ち去った

 それがあまり不思議なことだったので、現場の人たちに話をしたら、時期的にはおかしな行動だと言いながら、ちょくちょくはく製にする人はいるが、生きて自然の中におるヤマドリが一番美しいと話は一致した

 私は、良い人たちと一緒に仕事をさせてもらっているなと感じながら話を聞いた。

|

« 山の恵みで年を越す | トップページ | ポン酢をしぼる »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

ここでは初めまして。
ヤマドリの親は近くに雛がいる場合、雛が襲われないように自らの身を犠牲にして、外敵(不審者?)から遠ざけるような誘導をするそうです。オスの場合が多いかな?
すごいですね…。親の思い。本能でしょうか。
ここ最近、林道端を走り回る姿を見かけています。

投稿: ヒデキ | 2009年12月11日 (金) 23時55分

ヒデキさん

 確かに近くで雛が鳴いているような気はしたのです。が、子育ての時期はとうに終わっていると言うのがみんなの意見なんです。
不思議です。
もう一度行って、その不思議を解決したいのですが、『親の思い』の方が大切ですから、邪魔をせず、不思議のままでよしとします。
 でも、『新しい気づき』がありましたら教えてください。
 

投稿: 英 | 2009年12月12日 (土) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山の恵みで年を越す | トップページ | ポン酢をしぼる »