« シカゴ しめなわ | トップページ | 割り箸を使う »

2009年12月30日 (水)

餅つき

 正月準備で一番は餅つきです。

 久しぶりにうすと杵が登場。うすには水を入れ、たわしを使ってきれいに洗う。仕上げに熱いお湯を入れると、ケヤキのうすはあまり良いとはいえないにおいを発する。

P1000888

 杵で蒸しあがったもち米を押さえつけてつぶして、全体がつぶれて粘りが出てきたらつき始める。つく人と手水をとる人がいて餅をついていく。

P1000907

 素人衆がやるとみんな心配顔で覗きにくる。でも、そうしてみんなでつくのが正月準備らしくて良い。おじいちゃんが餅つきのコツを伝えるのも、大切な仕事のうちです。

P1000891_2

 黙って見ておれない人もいる。それこそ、『昔取った杵柄』おばあちゃん登場。手水の後も体がうすから離れないので、危なくて素人衆には任せられず私が登場。

P1000908

 鏡餅用、あんころ餅、よもぎ餅6升のもち米を3回に分けてつきました。これを「三くぼ搗く」といいます。

P1000912

 餅を搗くときいつも使う『照子の部屋』できれいに丸めて、正月準備の一番の仕事は無事に終了したのでした。今回、つまみ食いした人はいなかった。と、信じたい。

|

« シカゴ しめなわ | トップページ | 割り箸を使う »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シカゴ しめなわ | トップページ | 割り箸を使う »