« つかの間 | トップページ | 誕生日 »

2010年1月 5日 (火)

初詣

 「初詣に行かなければ」おばあちゃん(母)が言い張り、近所に住む叔母を誘っているので仕方なく私も行くことにしたのは正月の一日のことです。

 一日の午前中は雪が風に舞う寒さだったので、少し和らいできた午後になって叔母と三人での初詣となりました。

 氏神様も地蔵様も私たちの集落の北側の山に少し入ったところです。そこに行くには、小さなため池のそばを通るので、歩くのが少し困難になったおばあちゃんには危なすぎて手を取って歩かないと、とても見てはおれません。

 お地蔵さんには、狭い祠の中の三ヵ所にかさね餅をお供えし、氏神様は一つです。おぼつかない足取りで向かったのですが、手を合わすときは形になるのが、年季というやつでしょう。

P1000922_2

 もう一ヶ所、何故お参りするのかわからない場所がある。地蔵様の南側にある水取り場のそばです。

P1000923

 一緒に行ってくれた叔母によると「何故かは分からないけど、おばあちゃん(私のおばあちゃん)がお参りしていたから」だそうです。

P1000924

 何をお願いするでもなく、手を合わせる。さらに、何に手を合わすのかさえも分からずに形を守る様子は、美しい。

 おばあちゃん(母)は初詣を済ますと、来るときよりもさらにおぼつかない足取りで家に帰った。

|

« つかの間 | トップページ | 誕生日 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つかの間 | トップページ | 誕生日 »