« わくわく杉の木 | トップページ | 誰が呼んでくれましょう »

2010年1月16日 (土)

危険がいっぱい

 用事ができたので、早い夕食を済ませ南部(みなべ)へ行った。

 9時前に家へ帰ってきて「腹が減った」とお母さんにお茶漬けを頼んだけど「頂き物のお茶漬けのリがあるから自分でしなさい」とつれなくいう。戸棚をさがし、お歳暮と書かれた箱を見つけ出して開けた。

P1010181

 どれにしようか迷いながら、先日高校時代の先輩からいただいた梅干があることを思い出してニンマリ。

 左の青い箱『のり茶漬け』を選び、南部へ行って帰ってきたのだから「本場の梅干で茶漬けでしょう」独り言を言いながら、のり茶漬けの箱を空けたら

P1010182

 カフェオレ大福が被害にあって以来事件は沈静化したと思っていましたら、また、怪盗にしてやられたのでした。

 仕方なく梅茶漬けを食っていたら、「おいしそう」と、お母さんに半分とられた。

 私の周りは危険がいっぱいです。

P1010185

 先輩にいただいた梅干だけは、台所と関係ない場所にしまっておこう。

|

« わくわく杉の木 | トップページ | 誰が呼んでくれましょう »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わくわく杉の木 | トップページ | 誰が呼んでくれましょう »