« 間伐 前・後 | トップページ | メッセージ »

2010年2月25日 (木)

山村ものがたり

季楽里龍神で人形展が行われています。

龍神村にくらされている80歳代のご夫婦が、自作の人形や小道具で再現した『なつかしいくらし』です。

P1010720

P1010713

P1010718

展示の目立たないところに文章が添えられていた。

「かつて日本では あたりまえだった山村の暮らし、そこから何かがみつかりますように・・・・」と、はじまります。

 便利な暮らしを求めるあまり、大切なものが消えていったような気がする。今一度かつての暮らしを振り返ってみることで、本当の豊かさが見つかるかもしれません。そのような内容だったと思う。

 そのような思いをもって展示を見たら、少しちがったものがみえてくるかもしれません。

 今月末まで展示されるそうです。

|

« 間伐 前・後 | トップページ | メッセージ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。