« 時計 | トップページ | モノには順番 »

2010年2月 1日 (月)

泣いたお母さん

夕方、おじいちゃんたち(両親)が3日間の初めてのショートステイから帰ってきた。

 私は、仕事から帰るとすぐ、おじいちゃんたちが暮らしている離へ慰めもかねて出会いに行った。夕方のニュースを見ていたおじいちゃんはテレビを消し、コタツで横になっていたおばあちゃんも起き上がり、にっこり笑った気がした。

 「もう、嫌だったら行かんでもええよ」と先に慰めた。

 「ええとこやったでー」「○○さんには久しぶりに出会ったし、勤めている人にも知り合いはおったし・・・・・ベットは温うてよう寝れたし・・・・」ニコニコしながら、施設のこと、みんなが親切だったこと、話は尽きなかった。

 話の終わりに「お母さんもいっぺん行ってきたらええ」と言った。昨日「3日もいないとさみしい」と泣いたお母さんが馬鹿みたいに、二人は上機嫌だった。

P1010268

蝋梅が香り始めました。

|

« 時計 | トップページ | モノには順番 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時計 | トップページ | モノには順番 »