« 棚田 | トップページ | かたいっこ »

2010年2月 5日 (金)

寝床を干す

 小鳥用に作った巣箱の入り口がかじられ広がっていた事を友人に話したら「きっとムササビの仕業だ」というので、ムササビ用に巣箱をかけて2年目になる。

 ムササビの巣箱は、杉の木に取り付けてすぐにその重さから斜めになった。それを直すまもなく入居があったので、近寄れず傾いたままです。

P1000961

 (斜めになった巣箱、雨の日。ちょろっとムササビの顔が見えるような見えないような)

 秘密基地のテラスからよく見えるので、覗くだけなら支障のない測量用のレベルを手すりに取り付けて、その様子を見ながら過ごす事もあります。

 まえから気になっていることは、巣の入り口が茶色の『もこもこ』したものでふさがれていることが時々あることです。

P1010331  

 最近やっと分かりました。推測ですが、巣材を干しているのではないかということです。何せ巣箱の作り付けが悪いうえに傾いた欠陥住宅ですから雨の日などは雨漏れで巣材が濡れて大変なのでしょう。

 もう少し観察しないと分かりませんが、『もこもこでの穴ふさぎ』は雨の後に見かけるように思います。

|

« 棚田 | トップページ | かたいっこ »

ペット・動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。