« 山から学ぶ | トップページ | 廃校に立って »

2010年2月21日 (日)

ひとから頂くもの

 鹿に麦を食べられると、さとみさんに出会う。

P1010534

 天気まわりのタイミングで麦蒔きが遅れた田んぼに、やっと芽が出たと、思った矢先に鹿が入った。去年、寿君が鹿の足跡をたどって教えてくれた進入口と同じ場所の電気柵が倒れたりしていた。

P1010541

 山側から田んぼに入り麦を食べて、谷川に出て行ったようです。やっと、電気柵を直し道に出たら、さとみさんが歩いて家に帰るところに出会った。

P1010543

 廃校になった宮代小学校での文化祭で餅つきをしてきた帰りだという。「うちも鹿に、二回入られた」らしい。毎年決まってこの時期、さとみさんに出会うのは運命としか言いようがない。話し始めてすぐに、ご主人の長(おさ)やんが来た。

P1010544

 「まったくは、ない・・・・(実はね・・・・)」(長やんの話は、いつも、まったくはない・・・・で始まる。相手が話し始めると「そうかいそうかい」(そうですか、そうですか)とう相槌を打つのが決まりごとです)話の内容はともかく、出合って声を聞くだけで何となくほっとする。

P1010545

 二人が軽トラで帰ったあと、さて何の話を聞いたか考えたが、麦の話と、昔の道具が文化祭に展示されているから是非見ておいでと教えてくれた事ぐらいで、あとは兄弟がこのブログを見ているから写真をのせて欲しい・・・・。だったかな

 今年もまた、住んでいる家から少し離れたこの田んぼに通いながら、地域の人たちから、多くの『ほっと』する声がけと、土に働きかける姿を見て、苦労は一緒という『勇気』をもらうことになる。 

|

« 山から学ぶ | トップページ | 廃校に立って »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

英さん おさやんとさとみさんの写真ありがとうございました。おさやんとは母の施設で会いますがさとみさんとは久しぶりです。多少腰が曲がってるが気になりますが母の介護疲れのせいかと申し訳なく思います。おさやんの帽子は甲子園初出場の球児みたいで新鮮でした。ある夜のさとみさんとの電話の会話です 宮代の文化祭で餅つきすんねのう。なぜえそがなこと知っとんの?とさとみさん よー英さんが知らせてくるんねだ。こんな調子で私は英さんのおかげですっかり竜神 宮代通です。この間のむささびは昔のテンのことですか?

投稿: おさやんのいもうと | 2010年2月22日 (月) 17時47分

おさやんのいもうとさま
これからまた、西明(我が家の田んぼのある地域)へ通って田んぼに行くようになりますから、地域の人たちから学ぶことや、様子を紹介していきますのでお付き合いください。

ムササビは、龍神では『バンドリ』と呼びます。
丹生神社の森には昔からおり、今も巣があります。
宮代では『おり坂』をのぼったとこから上小園にかけての木に時折飛びついた跡がついています。
グライダーのように滑空する夜行性の哺乳類で、木の実や葉っぱを食べます。

投稿: えい | 2010年2月22日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山から学ぶ | トップページ | 廃校に立って »