« モノには順番 | トップページ | 棚田 »

2010年2月 3日 (水)

思い出のアップリケ

冬用ズボンのお気に入りはモンベルの3本。

 履き替えながら3度目の冬です。家内には「バッチを下に履いて普通のズボンにしたら」と厳しい指導を受けております。しかし、さらっとあたたかいので気に入っており、私の冬には無くてはならない物です。

 ところが最近、膝の部分がすり切れて来た。「アップリケでカバーして」と頼んだら自分で選ぶように言われた。渡されたカンの中身は子供たちが幼かった頃、町に出て手芸店を見つけては覗き、買ってきた懐かしいアップリケです。

 見るのはよかった。さて自分のズボンに付けるとなると良いものが無い。買うときは、かわいい子供たちのことばかり思いながら買ったのですからあたりまえです。

 その中から選んだのがこの3つ。

P1010316

 男の子の横顔と、ピカチューとライチューです。これで、本来の目的『案内のときのユニフォーム』以外には使えなくなりました。

 後で気づいたのですが、擦り切れているのは左の膝です。たぶん子供さんの目線に合わせる時も、秘密のポケットからグッズを出すときも、左膝を地面に付けるのでしょう。

 これからも、補修されたズボンで『いっぱいの発見』と、『楽しい案内』を続けていこう思う。思い出のアップリケを膝に付けて

 

|

« モノには順番 | トップページ | 棚田 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モノには順番 | トップページ | 棚田 »