« じっと耐える | トップページ | 桜咲く »

2010年3月18日 (木)

春の命

霜の朝になりました。

冬では考えられないような時間に朝日がさし、寒さは秋口のようにやさしい。

柚の枝は冬の間に、鹿達の背が届くところだけ葉を食べられて、痛々しいのですが、もうすぐ芽を出すでしょう。

P1010974

アザミは冬の寒さになれているので、今朝の霜などは余裕の表情です。

P1010959

散歩道の路肩の草も少しずつ芽を出し始めています。

P1010964

一番つらそうなのがふきのとう

P1010961

冬だろうがなんだろうが、いつもお馬鹿で元気なのがシェリー

P1010972

春のはじめの朝は、命がいっぱいです。

|

« じっと耐える | トップページ | 桜咲く »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« じっと耐える | トップページ | 桜咲く »