« 人の世話になる | トップページ | いそがしい春 »

2010年3月29日 (月)

季節の思い出

 午後から雨に混じって雪が舞いました。

 家は勤め先から日高川を少しのぼったところにあります。夕方、帰るにしたがい山にうっすら雪が見えるようになりました。

P1020117

家に帰ると田んぼで作業する息子から電話が来て、「外に出てみて、山が白くて美しいよ」と教えられた。言われたとおり外に出てみると、さっきはかすんで見えなかったノヒロギが白く見えます。

 小学5年生の終了式の夜もこのような雪が降りました。

 4年、5年と2年間私たちの担任をしてくれた西川先生は、ご自分が転勤することが分かっていたのでしょう。「終了式の次の日は橘川へ行くぞ」とみんなを誘ったのです。

 約束の日に、誰とどのように橘川へ行き、何をしたか記憶はありません。ただ、夜の雪と、「こりゃぁ、明日はあかんぞ」と言った父の言葉と、翌日は天気が良かったことを覚えています。懐かしい思い出が季節の中にあることがありがたい。

 橘川は、ここに写っているノヒロギやら西の峰を越えた向こう側です。

|

« 人の世話になる | トップページ | いそがしい春 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人の世話になる | トップページ | いそがしい春 »