« プロ用 | トップページ | 桜に雪が »

2010年3月 9日 (火)

子犬にも効く音楽

 バイオリンとビオラの違いが分からないが良い演奏は分かる。

 子供たちが幼かった頃から、クラシック、ミュージカル、オペラなどが近くにやってくるとできるだけ出かけた。そこで、我が家の音楽評価基準ができた。

 身勝手な評価なのですが、眠れるか眠れないかです。もちろん眠れるものは良い評価がつきますから、まことに贅沢な音楽鑑賞といえます。

 10年余り前、田辺市の紀南文化会館に『ソフィア・ゾリステン』がやってきたことがあり、家族5人分のチケットは用意したが息子が急に行けなくなった。

 4人の評価は『良い』。そこで、眠りにこれなかった息子にとCDを買った。

P1010909

 今もCDは聞いている。

 うっふとシェリー(ラブラドールの夫婦)のあいだに子供が生まれた時の話ですが、子犬たちが少し大きくなり、キャンキャンうるさくほえる時は本当に困った。困った末に子犬用サークルの近くにスピーカーを置き、さまざまな音楽を流してみた。

 騒がしかったのが静かになり、眠ってしまった音楽がソフィア・ゾリステンの『名曲の花束』。我が家の音楽評価は子犬にも通用したのでした。

Img_6198

 ただ、家内の評価だけは歌舞伎、人形浄瑠璃、落語はおろか、子犬がほえても眠ってしまいますから、対象外です。

|

« プロ用 | トップページ | 桜に雪が »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プロ用 | トップページ | 桜に雪が »