« キブシ | トップページ | 櫂(かい) »

2010年3月 6日 (土)

タオル

朝夕、犬たちの散歩は欠かせない。

 このくらしは『うっふ』(ラブラドール イエロー・♂)が家にやってきた13年ほど前からずっと続いています。それはどのような天気であろうとも守ってきたことです。

 これだけ続くと、私は持病の腰痛が治っただけではなく、天気だって読める能力がつきました。雨が上がるからもう少し待とうとか、出るのは風がおさまった今だ!とかです。

 今朝は、雨が本降りになる前にと家を出ました。

 散歩の天気を見ることができる私ですから、雨具などは「要らない」といったら要りません。

 ところが、いつもの散歩道、我が家の林道に入った途端、雨になりました。2頭が用足しするのをスコップでキャッチし土に埋め、やっと薪置き場の屋根の下につき雨宿りしましたが、上がりそうにないのであきらめて家に帰った。

 私が「ただいま~」すると家内がすっ飛んできて「はい、お父さんタオル!」「ありがとう」にっこり顔をあげると、犬用バスタオル「うっふとシェリーふいてやって」「えー・・・・?」わが目と耳を疑った。

 しばらくして、大笑いしながら私にフェイスタオル。「ええよ、帽子かぶってたし・・・・」そう言って、濡れたズボンとトレーナーを薪ストーブの前に干した。

P1010888

 うっふは、少し小降りになったからか、玄関から犬走りに出て雨を眺めていた。

P1010891

 私と犬、立場の戦いがあったとすれば、すでに私のコーナーからタオルは投げられていたようです。  

 ジャン・ジャン

|

« キブシ | トップページ | 櫂(かい) »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キブシ | トップページ | 櫂(かい) »