« 筆まめ復活 | トップページ | 田が教えてくれること »

2010年5月30日 (日)

巻きせんべい

 20年ほど前、ダイエーの駐車場で買い物が終わるのを待っていたら、見知らぬ人が車の窓をたたく、開けると「食べないか?」と巻きせんべいを出された。

 あっけにとられながらもせっかくだからと、二本持ったら「それだけではだめだ」と、袋半分を手に持たされた。そして「待ってるんだろう」と付け足した。

 「はい」と返事する私に「頑張れよ」と60歳代の男の人は言い残し、悠々と自分の車に帰り乗り込むと、こちらを見て巻きせんべいを食べ始めた。私もつられて巻きせんべいを食べた。

 その人は、奥さんが買い物から帰り、私にちょっと手を上げて先に帰っていった。

 たった20年の間に、私達の暮らしは随分変わり、そのような先輩にも出会わなくなった。もし出会ったとしても『愉快な人』より先に『怪しい人』だと思った方が無難な社会になった。

Photo

 勤め先の台所に巻きせんべいが封を切って置かれていた。台所から出てくる人はみんな巻きせんべいをかじっていた。最後の一本になって私もかじった。

|

« 筆まめ復活 | トップページ | 田が教えてくれること »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

5月は色々大変でしたね。お元気で良かったです。巻きせんべい、懐かしい思い出があります。幼い頃中原の啓太郎さんがうちに見える時は必ず巻きせんべい(しん巻き)を持って来てくれるのです。恥ずかしがりやの私は中々お礼が言えなくて家族の者からしきりに、おおきに、と言うように促されていました。ある時、うちに見えた啓太郎さんの顔を見たとたんフライイングして、おおきにと言ってしまい大笑いされました。今でもたまやにありますか?それから従兄弟さんってどなたかな?と思っていたら、ゆたやんのことでしたか。おさやんのおとうとと同い年で私も遊んでもらいましたよ。英さんのブログから思い出がよみがえり感謝しています。

投稿: おさやんのいもうと | 2010年5月31日 (月) 20時28分

 しん巻きは、たまやで売っています。

 4月の終わりに家内の母が亡くなり、法事を済ませた日に私の担当している建設現場で土砂崩れがありました。幸いそれだけで済んだのですが、虎ヶ峰道路は通行止めになりなり、復旧に1週間かかりました。
 おかげで田んぼの作業は進まず、やっと今日から田植えです。
 母は今日からショートステイで、しげこさんのおられる施設にゆきます。今朝、竹馬屋や本郷の写真を印刷して、おみやげに持って行ってもらうよう頼みました。

 ところで明日(6月2日)から日本画家の牛尾武さんの個展が、三越日本橋本店で開かれます。もしかしたら、龍神の風景が展示されているかも知れませんので、時間がございましたら行ってみてください。

投稿: 英 | 2010年6月 1日 (火) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筆まめ復活 | トップページ | 田が教えてくれること »