« 鳴き声の後に | トップページ | 大豆の準備 »

2010年6月16日 (水)

うどんをなめたらあかん 男の料理教室

 今日は私が会長を務める男の料理サークルの教室です。メニューはうどんと山菜てんぷらとおにぎり。

いつものように、この人の都合に合わせたのに今日の日を忘れてしまう、新造さんを親分の命令で家までお迎えに行くと「そうか今日か?」鋸もって納屋から出てきた。

新しいメンバーも加わりいつものように夜勤明けの講釈師やら変なやつらが集まった。

P1020885

わいわいがやがや、やかましい人から

P1020888

黙々 ひたすらまじめに取り組む人まで

P1020890

まじめにこねて

P1020896

まじめにふむ

P1020903

ふんで寝かせたら大きさをそろえて切ります。

そのときはみんな納得だったけど、太く切ってしまった麺を気が遠くなるほど茹でた。そうしている間に、不揃いなおにぎりも完成

P1020906

「なんだ、うどんか」と馬鹿にしてはいけない。小麦粉をひも状に固めたものをあごが疲れるほど噛む「これも、うどんか」みたいなうどんでした。

ほんまに、うどんをなめたらあかん。

P1020907

 料理は下手でも楽しく作って、片付けは大真面目にするのが男の料理教室の良さです。

|

« 鳴き声の後に | トップページ | 大豆の準備 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うどん、おいしかったよ(笑)

投稿: ぶん | 2010年6月18日 (金) 21時33分

ぶん様
あのうどんも出来立てはひどかったよ。じゃ今度、出来立てを食べさせてあげましょう。

投稿: 英 | 2010年6月18日 (金) 21時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« 鳴き声の後に | トップページ | 大豆の準備 »