« うどんをなめたらあかん 男の料理教室 | トップページ | 返信 »

2010年6月17日 (木)

大豆の準備

 大豆を作るのは面倒なのですが、そのようなことには関係なく両親の仕事を作るためにはなくてはならないものになっています。

 何か目標を作ってあげることは健康上大変意味があるようです。ところが、大体こちらが受身になることが多いので、つまり両親の都合でこき使われることが多くなるのが大変なのです。いずれにしても、親が健康ならこちらは少々つらくても我慢しなくてはなりません。

 春、一度水を引き入れ起こしてみたのですが水持ちの悪い田(水漏れの多い田)があり、すぐにドロドロの田はひびだらけになる有様でした。

P1020845

P1020908

 今年の大豆はここにしようと計画し、朝からもう一度耕運機を入れ起こしなおしておきました。

 夕方、息子と娘それに両親5人で畝を立てに行きました。

P1020914

 歩くのがやっとの母、すぐにイライラが出る父、息子と娘がご機嫌をとりながら二筋分のマルチを掛け終わる頃には暗くなっていました。明日からまた雨だと聞いていたのでほっとです。

P1020919

 親の健康を理由にして作る大豆ですが、味噌の原料になるし、これで作った豆腐はまた格別でしょう。山側に残した場所はおばあちゃん用の歩道。三世代で畑仕事をするのも良いものです。

|

« うどんをなめたらあかん 男の料理教室 | トップページ | 返信 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うどんをなめたらあかん 男の料理教室 | トップページ | 返信 »