« ゴーヤのてー | トップページ | 自然と命を思う日 »

2010年7月16日 (金)

思い通りには

 家内は実家、娘は旅行、息子と両親でお留守番です。

 午前中は天気も良かったのに、午後は夕立のような雨が仕事の邪魔をするように降っては止むことを繰り返した。夕方までなすびの生長を見たくて仕方なかったのに我慢していた父とデイサービスから帰った母を誘って畑に行った。満足度をあげておくと、気持ちが安定するからです。

 その帰り道、田んぼの様子を見に行く息子とすれ違ったとき、夜みんなでアイスを食べようと、たまや(宮代のコンビニ)に寄って帰り、冷凍庫に隠した。ちょっとしたもので、びっくりさせようと思ったのです。

 息子は田んぼから帰るとすぐに、夕ご飯の用意をはじめた。見るとそのアイスをかじっていた。

P1030082

 「えっ、何でばれたん?奥に隠してたのに」、にやっと笑った息子は、ゴミ箱の上を指さした。

P1030084

 『頭かくして尻かくさず』状態でした。

 しばらくしたら「お父さん・・・・」とさみしそうにおばあちゃんが声をかけてきた。「ほうとくないんじゃよ(不安だ)」と言う。話を聞いてみると、土砂災害のニュースをテレビで見て、自分もそうなるのではと急に心細くなったようです。

 「じゃ、仏壇に線香でも立つかい?」と提案したら頷いた。手を合わせお参りしたので、お供え物のせんべいをあげた。その場で封を切り美味しそうにいただいた。食べ終わるとまた仏壇に手を合わせていた。その後はまた「きずかいなかろうか?(心配ないかなあ)」とつぶやきながら食卓についた。

 おばあちゃん達が昭和の水害に遭った7月18日はもうすぐやってくる。

 落ち着いて眠れる夜になってくれればよいのですが

|

« ゴーヤのてー | トップページ | 自然と命を思う日 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴーヤのてー | トップページ | 自然と命を思う日 »