« 犬達の夏 | トップページ | いっぱいありすぎて »

2010年7月29日 (木)

受け入れる力

 しばらくブログを書いていませんでしたがその間に、旧大塔村の小学6年生のキャンプ、龍神村の小学5年生のキャンプに依頼を受けて行ってきました。

 私にとっては、このような年代の人たちと接する機会は少ないので、うれしくてうれしくてたまりません。

 キャンプの日がやってくるまで、それぞれの野営地に何度か行き、取材をしたり資料を集めたりして、大塔ではキャンプファイヤーをどのように進めるか思案し、龍神では自然からの発見の楽しさをどう伝えるかを何度も練り直した。

 終わってみて感じたことは、彼らは受け入れる力をいっぱい持っていると言うことです。じつは、このことはいつも思うことなので、彼らの感性に負けないようにしようと、事前準備をするわけです。が、今回もやはり彼らには勝てませんでした。

 今日は久しぶりの雨なので、山の秘密基地にそれも久しぶりに行ってみた。

 P1030176

 ロフトに作ったテラスの軒下に、スズメバチが巣を作っていたし、蛇がこのようなところで脱皮したあともあり、屋根ではカジカが雨をしのいでいた。

P1030179

 自然の移り変わりを知ることは楽しいのです。それと同じように、何でも受け入れる感性を持った人たちに接する時間はありがたいです。

 明日は、木の勉強をしに大阪へ行きます。

|

« 犬達の夏 | トップページ | いっぱいありすぎて »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬達の夏 | トップページ | いっぱいありすぎて »