« 金魚のエースが | トップページ | 贅沢な朝 »

2010年8月25日 (水)

人がギャフンとならないように

鹿や猪が田畑に入らないように、夜は電気柵に電気を流しています。

先日、としくんの田んぼにサルが入り、実りかけた稲を食い荒らしました。それが日中の出来事ですからたまりません。

対策として一日中ずっと柵に電気を流すことにしました。しかし人の通路もふさぐ事になるので何日も考えた末に、人が通るところはゲートにしました。

P1030010

ゲートは、電気柵のポールごと地面から抜けるようになっており、それで通路を確保しその後、元の位置にポールを戻せばよいようにしています。この部分で分断され次の線に電気が流れなくなるので、地下に接続のための線を埋めてあります。

 電気の流れている線に触れさえしなければ、楽に人が通れるようになっているのです。それでも下手くそな人のために道路沿いにオフにするためのスイッチボックスを設けました。

P1030319

このボックスをあけ、コンセントを抜くと電気が止まるようになっています。

それでも心配なので注意用の案内板を作りました。

P1030321

 人がすっと通れて、獣達がギャフンといえばよいのですが、逆にならないように祈るだけです。

|

« 金魚のエースが | トップページ | 贅沢な朝 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金魚のエースが | トップページ | 贅沢な朝 »