« 義父のこと | トップページ | 秋を告げる散歩道 »

2010年9月11日 (土)

稲刈りの始まり

家の田んぼは『西の岡』と『柳田』の2ヶ所です。他に公平ちゃんの田んぼを借りて稲とピーマンを作っています。

西の岡は、名のとおり西の岡にありますから朝日は早いのですが、午後になると背の山に日が隠れるので、このように暑い日が続くと特に午後ここで作業するのは他でするより好都合です。

 そんなわけで、体もまだ稲の刈り取り作業に慣れていない、刈り始めは例年ここからスタートすることが多いのです。

P1030474

 3時、急に思い立って田んぼに行った。今年の稲刈りは、大田(とは、言っても3畝(3アール)ほどの田です)から始めました。

P1030475

 1時間足らずで刈り終わって、さおを運び杭を持ち込んで『さがり』を組んで稲をかけます。

P1030476

 稲株が上になり穂はぶら下がった格好で干し、株にビニールを掛けます。この株元だけをカバーするためのビニールをかける作業は、雨の多いこの地域で30年ほど前から始まったものです。

 息子と娘がやってきて3人でやっと5時に作業終了でした。この上に『チリ』その上にサルが襲来した『腰切れ』と『丸田』が山際まで続きます。明日は朝からこの3枚と『腐れ木』を片付ける予定です。

|

« 義父のこと | トップページ | 秋を告げる散歩道 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

今晩は、まっちゃんです。
義父さんのご冥福を謹んでお祈りします。
私も今春、義父をみおくりました。
私の父は私が幼い頃、亡くなったので
父と呼べるのは義父だけでした。
私にも孫にもよくしてくれたので
葬儀には、東京の長男、愛知の娘も
仕事を休み、かけつけてくれました。
人生そのものが、一期一会ですからね。

話は変わりますが、昨日(9/10)朝、自宅を出て
龍神へ向かいました。だから返信コメントを知る由も無し。
護摩壇山森林公園を縦横無尽に散策してから、夕方
「季楽里」へ到着しました。

掲示板には、やはり「朝の散策」の
お知らせポスターが掛かっていない。
おまけに、客室の「朝の散策」のリーフレットも
姿を消してました。
フロントのスタッフ、先日と同じ方だったので
「同じこと尋ねる、変な客」と思われるのが嫌だったので、、、。

ところが、朝。遭遇しました。朝の散策に。
残念でした。8時過ぎに帰ってくるのにも遭遇。
質問にもやさしく答えられてました。

よし、次回の休み、10月にも絶対、季楽里へ行くぞ。
そして、朝の散策で、是非、早朝の生の龍神を
体験したいと考えています。

長いコメントになったこと、お許しください。

投稿: まっちゃん | 2010年9月11日 (土) 21時59分

まっちゃんさま

ありがとうございます。
私も楽しみにしておりました。散策で、私達を迎えてくれるのは100年の森です。大きな時間の単位でまっちゃんに出会える時を楽しみにしております。

まっちゃんのおかげで季楽里での朝の散策をすぐに再開し、昨日も今日もお客様と楽しい時間を過ごさせていただくことができました。

励みになるコメントをいただきありがとうございました。

投稿: えい | 2010年9月12日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 義父のこと | トップページ | 秋を告げる散歩道 »