« 次に向って | トップページ | 生きるということ »

2010年9月30日 (木)

眠くなる本

なぜか読み始めるとすぐに眠くなる映画とか本というものがあります。

家族に誘われて行ったジブリの映画で最後まで起きておれたものは無い。なぜか途中で気持ちよく眠ってしまいます。

そして、本では『森のお店やさん』です。

P1030764

この本はたぶん小学生向けだと思うのですが、読んでいると忘れてはいけないものが詰まっている気もする。最近気付いたのですがこの本を開くと、すぐ気持ちよく眠ってしまうのです。ですから、何度も読み返す。うむうむと納得する。また眠くなる。

この本とセットなのが薪ストーブの部屋の時計です。

P1030767

時計屋さんで見つけ形が気に入ったので家内に買ってもよいか相談したらあっさり「ほんま、ええねえ」となった。その後、この時計にまつわるものが『森のお店屋さん』だと知ったのです。

今夜部屋の温度は20℃もうすぐ、薪ストーブに火を入れる季節です。

これから先、ストーブのそばでうたた寝がしたいときは、この本を開くことにします。

|

« 次に向って | トップページ | 生きるということ »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次に向って | トップページ | 生きるということ »