« 生きるということ | トップページ | 秋を終わる »

2010年10月 5日 (火)

その他多数

夏の間あまり入らなかった秘密基地。車の回転場に低い草が茂りました。うっふとシェリーをつれて入ったとき、彼らはそこで寝転がったりして遊んでおりました。

先日、一人で入ってそこにしゃがみ草を見ておりましたら、ほかのものより背が高く白い花のつぼみをつけた草を見つけました。

P1030812

記録にとカメラのシャッターを押しました。

その後もう一枚撮り、モニターを見たらピントが後ろにあっていました。

P1030813

あれっと思い実際に背の低い草を見ましたら、みんな小さな花をつけています。緑の葉の絨毯の上に、それぞれの草についたその小さな花が白く広がっていました。

P1030816

特別目立つ、背の高いもの、きれいな花、希少なものなどについ目がゆきます。が、それに隠れて目立たない草がありそれぞれに花をつけている。それを別の視点からよく観てみると美しい。

今度からは、背の低い、目立たない、たいした花もつけない『その他多数』。普通の名も知らない草を意識してみようと思った。

 自分も同じ『その他多数』なのですから

|

« 生きるということ | トップページ | 秋を終わる »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生きるということ | トップページ | 秋を終わる »