« 月光浴 | トップページ | 大切なこと »

2010年10月24日 (日)

祭り衣装

暮らす者がいなくなった御坊の家へ不用品の処分と片付けをしに行った。

家の前に車を止めると家内は先に入り、窓やカーテンを開け始めた。私が車から降りると、かわいい子供の声が聞こえた。

隣の家から、まだ自分で立つことができない男の子とそのお母さんが出てきた。着せられた祭りのはっぴ姿がかわいかったので、家に向かって家内を呼んだ。すると私の後ろでその子の母親が返事をする。

「ごめんなさい」私が家内を「お母さ~ん」と大声で呼んだのを勘違いして若いお母さんは返事してくれたのでした。

家内は2階の階段を急いで降りてきて、幼い子とその母さんに出会った。そして、今日が奥さんの実家のお祭りなのだと知った。きっとこの写メをは実家の御両親に送るのでしょう。

朝、龍神から御坊に向かう車の中で、長男が1歳になる頃、八幡様のはっぴを着て祭りに行った話をした後でしたから、この状況がすごく新鮮だったのです。私達は声にはしなかったけど、私達の30年ほど前を思い起こした。

P1040021

先日亡くなったおじいちゃん(義父)は初孫が男の子だったので、その喜びようは異常なほどでした。そのとき奮発して作ってくれた長男の祭り衣装は、処分するのを止め龍神に持ち帰った。

|

« 月光浴 | トップページ | 大切なこと »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月光浴 | トップページ | 大切なこと »