« 意地でも | トップページ | 山祭り »

2010年12月 9日 (木)

言う人が言うと

 昼間ウラジロを採っては夜選別する暮らしも今日で終わりです。家族でこの作業をして得ることができるであろう十数万円は新しい年を迎えるためのボーナスです。貴重な現金収入であることももちろんですが、年末のこの作業は、『かさ地蔵』のお話みたいで好きです。

P1040388

 夕ご飯の後おばあちゃんを離れに送っていくとき、親友のかよちゃんが届けてくれた勝手口の大根と白菜に目をやり

P1040407

「あの小さい一粒の種が、こがに(このように)大きゅうなるんや」とおぼつかない足取りの割りにはしっかりとした口調で息子(私)に言い聞かせた。

何気ない一言でも年季の入った人が言うと重みを感じる。

は「一粒の種が・・・・一粒の種が・・・・」と繰り返してみた。

|

« 意地でも | トップページ | 山祭り »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意地でも | トップページ | 山祭り »