« 冬至の奇跡 | トップページ | トナカイの鈴 »

2010年12月23日 (木)

楽しみ方

映画館ではなく田辺市の紀南文化会館へ映画を見に行った。

『おとうと』です。すでにDVDになっているし、今日のように夫婦で観に行くなら映画館でも50歳以上の割引になる。映画館はやはり映画を観るようにできているから・・・・と二の足を踏んでいたのですが娘にチケットを渡され「ふたりで行ってらっしゃい」と背中を押されたのでした。

P1040445

市民福祉映画会ということで会場は満員に近い状態、お客さんは私達よりもずっと年配の方が中心でした。

1階に席がなくて私達は2階への階段を上がっていた。前を歩くおじいさんは階段に躓き一度は倒れそうになったので手を出しかけたが見事に立ち直った。席に着く寸前に会場は暗くなり何とか席に着くと家内の隣にそのおじいさんが座った。

始まってしばらくすると「うまいなぁ・・・・」とやけに感心したり、次は「あれは肺を病んどるな・・・・」とか「倒れるで」とか「もうそろそろあかんか(死ぬか)」などと言う。結構大きな声で感想を述べながら笑ったり、しゃくり上げて泣き出したりした。

おじいさんは、前の席の背もたれに重ねた腕へあごを乗せてそれをするから、もちろん前の人は席を移動した。私が観ていたのは映画とそのおじいさんでしたが、気付くと、笑いの場面では会場中が笑い、悲しい場面ではやはり会場中からすすり泣きが聞こえた。

そしてエンディングが流れ始めたとき、会場中から拍手がおこった。明るくなると、そのおじいさんが「すみませんなぁ、入り込んでしもうて、昔から映画観たらこうなるんでなぁ・・・・」前の席の人と家内に頭をさげた。

私達は、スポーツやライブは別として、映画などでは個で楽しむことを良しとし、人前で感情を表に出さないことの方が多い。今日は家内の隣に座ったおじいさんに、そして途中からは会場の人たちに感動を共有させてもらいながら映画を観た。

ものの楽しみ方。先輩達に教わらなければいけないことは沢山ありそうです。

|

« 冬至の奇跡 | トップページ | トナカイの鈴 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬至の奇跡 | トップページ | トナカイの鈴 »