« 一粒の米 | トップページ | 雪解け »

2011年2月 5日 (土)

登美屋の看板

竹馬屋のおさやんに字を書いてもらったあと車庫の奥に仕舞ったままだった看板。大歳(おおとし=節分)も済んだことだし、車庫からの上がり口に置く事にした。

P1040911

我家の屋号『登美屋』は、おさやんのおじいさんが名付けてくれたらしい。以前から看板を作るとき、おさやんに字を書いてもらったら、登美屋にとって意味のあるものになると思っていました。

やっぱりお願いしてよかったです。

P1040911_2

何度見ても、良い看板です。

近所の人たちが通りがかりに見て、この看板に慣れてくれたら今度は、両面に『登美屋』と書いてくれたもう一枚の看板を車からでもよく見える場所に吊るすつもりです。

意味のある看板をあげたら、インタープリターとしてますます意味のある案内をしなければなりません。

|

« 一粒の米 | トップページ | 雪解け »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。おさやんの書いた看板を載せて頂いてありがとうございます。全国区になればいいですね。美山の里にてるやんが行かれる時母に近所の写真をお土産に託けて下さるそうで優しいお気遣いに感謝します。食事の時もてるやんと母は隣同士にすわって仲良く食べているそうですね。いつも思うのですが白浜空港に降りたとたん紀州の人々のフレンドリーで暖かい心を感じます。また寒くなります。皆さんお元気で。

投稿: おさやんのいもうと | 2011年2月 7日 (月) 21時21分

おはようございます。龍神は陽射しの明るい朝になりました。

コメント頂いたいたのに気付かず失礼しました。

うちのおばあちゃん(母)には『美山の里』(ショートステイ)に行く事を仕事だと認識してもらっています。

写真を届けたり、一緒にご飯を食べたりすることに充実感を持ってくれているようです。お世話になる先に古くからの知り合いがいてくれることはとても助かります。
私たち家族は母の存在そのものに意味があると思うのですが、本人にとっては、具体的な活動や成果が必要なのですね。

多分今週末がショートステイだと思うので、西明(にしみょう)周辺の様子を写真におさめに行ってきます。
それにしても、おさやんが看板に書いてくれた『登美屋』はええでしょう。

投稿: えい | 2011年2月15日 (火) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一粒の米 | トップページ | 雪解け »