« 今年の蝋梅は | トップページ | 一粒の米 »

2011年2月 3日 (木)

眺めの良い場所

朝、二人分の弁当を作ってもらっておじいちゃん(父)とドライブに行った。

昼前、風も冷たいし、もう家に帰ってご飯を食べようと、富田川に沿った311号線を龍神に向っていた。

中辺路町北郡(ほくそぎ)を通り過ぎたところで山の上に暖かそうに光る集落が見えた。「あそこで弁当食ったら気分よさそうじゃ」となった。

国道から外れ、山の上に続く道は分岐が多く何度もバックしては進んだ。そしてついにさっき見えた場所に着いた。

P1040901

近くに厳島神社があり、ここで弁当を食べようと決めた。

P1040895

『神社の前で弁当を食べる許可』をいただきに近くのお家にお邪魔した。そこには、おじいちゃんより5歳ほど年下のご夫婦が住んでおられ、自慢の鯉や、生垣を見せてくれた。そして、ここの季節ごとの暮らしや一日の様子を説明してくれた。

話しが楽しいので聞き入ってしまい、神社に帰り歴史がありそうな桜の下で弁当を食べたのはお昼をとうに過ぎていた。

P1040903

弁当を食べ終わり、お別れのご挨拶にうかがった。

この集落は、田辺から塩見峠を越えてここにいたる昔の街道だと言う話。富田川を挟んで向かいに見える山の中腹に暮らしている方の様子・・・。

食前の話に引き続き、食後の話になったのです。

弁当だけのつもりが、眺めの良い場所に暮らすご夫婦のもとで長い時間をすごした。私たちは、またお邪魔する約束をして坂道を下った。

|

« 今年の蝋梅は | トップページ | 一粒の米 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の蝋梅は | トップページ | 一粒の米 »