« もう、何者かが | トップページ | 景色の楽しみ方 »

2011年6月19日 (日)

預かりもの

久しぶりに秘密基地へ行った。

P1050753

そばを流れる谷のせいで年中湿気ているのですが、梅雨のさなかは、ただ歩いていても水泳をしているようで、吸い込む空気に溺れてしまうほどです。

それはちょっと言い過ぎですが、湿った空気も気持ち良いものでした。

秘密基地から、おやつの入ったバッグを背負い、腰にノコ・ナタをつけて、足元は地下足袋。少し雨は降っていましたが、合羽は着らず急な雨に備えてポンチョをバッグに入れた。我家の山の様子を見に出発です。

どれ硲(ドレザコ)からオビト平まで歩道を歩けば20分ほどですが、様子を見ながらなので朝から昼前まで、おやつ休憩もなく歩いた。

ここは、龍神村森林組合がFSC認証を取得したとき、動物達に配慮した森林として登録していただいた場所です。その後、組合は森林認証の継続をしませんでしたが、我家は今も定期的に、見回りをし、鳥達は巣を作ってくれているか、ムササビの巣は使われているかなどを意識しながらまわっています。そういった目線で大切な木にはカードを付け、守るようにしています。

我家の山とは言いながら、預かりもののようなものだ。今日、雨の雫に濡れながらそう思いました。

|

« もう、何者かが | トップページ | 景色の楽しみ方 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう、何者かが | トップページ | 景色の楽しみ方 »