« やっと交換 | トップページ | よその幼子と孫の違い »

2011年11月11日 (金)

ゆっくり流れる時間

ひと雨ごとに寒くなってゆく。

ちょっと物悲しい季節のように思えるかもしれませんが、明るく命が息づく季節は台風や日照りなど心配ごとも多い。雪深くはない龍神ですから、これから先、私には心安らぐ季節です。

問題は、日が短いので自由な時間に外で働けないこと。

日が暮れ、夕食を済ますと「何しに行くの?」「かーぁ」と応えて山の秘密基地に行く。

聞こえるのは、谷の音、ストーブの薪が爆ぜる音、石油ランプが息をする音、それくらい。

P1060402

山小屋で過ごし、家に帰ると「まだ、こんな時間か」と思う。時計の針が間違っているのではと疑うことも多い。

最近、時計を疑うことはやめた。楽しい時間は早く過ぎるとは限らない。本当の意味で楽しい時間はゆっくり流れるのかもしれないと思い始めている。

|

« やっと交換 | トップページ | よその幼子と孫の違い »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと交換 | トップページ | よその幼子と孫の違い »