« 父と山に | トップページ | 榊の収穫 »

2011年12月16日 (金)

おかいさん弁当

暖かいとはいってもやはり冬、12月に入ってそれらしい寒さになってきました。

私の昼食も保温弁当になってひと月ほどになります。ほかほかの弁当は良いのですが、食べ終わった後で、外側、味噌汁、ご飯、おかず、たくさんの容器を洗わなければならないので面倒です。

先日から何を思ったのか、家内は味噌汁の容器におかいさん(茶がゆ)を入れ始めました。

P1060625

初日は見てびっくり驚き、新鮮さもあり、しかも殿原(地区の名)の叔母が漬けた『こんこ』も入っていたので、それはそれはおいしく頂きました。

最近は少し飽きてきています。おかいさんはあつあつから少しさめたあたりがおいしいのですが、ぬるいのは『まったく、あかん』のです。寒い日に食べると、ぞくぞくっと体が冷える気がします。

このおかいさん弁当は、味噌汁が切れたから『樽から出せ』というメッセージなのかもしれない。冷たい樽から味噌を出そうか、もう少しおかいさんで我慢しようか悩んでいます。

|

« 父と山に | トップページ | 榊の収穫 »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父と山に | トップページ | 榊の収穫 »