« 豊かな谷 | トップページ | 西澤号 »

2012年6月17日 (日)

妖艶さがしとうたた寝

雨の休日でも4時には目が覚め、4時半には家を出るのが普通。気まぐれで、今日は犬達の世話を済ませてから、田んぼに向かい、6時過ぎに家に帰って来た。

別にまじめなのではなく、癖というか貧乏性なのでしょう。動いて何か家や家族の為になることをしないと不安なのです。

家に帰ると家内は朝ごはんを作って待っていてくれる。このような貧乏性に付き合うのも大変だと思う。食事を済ませた後、家族への反省もあり『ちょっと休もう』と決めた。

「少し遊んでくる」と家内に伝え、妖艶(ようえん)さがしにカメラを持って山へ入った。妖艶と言う響きが良いし、これまでにも『これが妖艶』と感じたことは2回ほどある。この季節、怪しげに美しいものは、やっぱり雨に濡れたもみじかな。P1070523

でも、今日のもみじは妖艶とはいえない。明るいからか、まだ葉が新しすぎるのかもしれない。

それで、妖艶さがしはやめて、秘密基地に行き先日から読み返そうと決めていた、宮本輝編の『別れの船』を開いた。『うむ、なるほど』と最近の出来事で思い当たる節があり関心し目を閉じ、そのまま寝てしまった。

目が覚めたのは昼前。寝起きは、すごく気分の悪かった。妖艶さがしのあとのうたた寝は、目覚めが悪いからやめたほうが良いと思った。

P1070524

|

« 豊かな谷 | トップページ | 西澤号 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豊かな谷 | トップページ | 西澤号 »