« 一坪の畑 | トップページ | 香る蔓 »

2012年6月12日 (火)

副産物

朝夕、田んぼを見てまわる作業は欠かせない。水の調整、雑草、害虫、獣用電気柵、全てに注意しながら歩く。

それが目的なのですが、最近は、見過ごしているさまざまなことを再発見、確認することを意識するようになりました。光、風、谷の音、木の様子、風景、それに思い出が混ざったりします。

我家の棚田の一番上の丸田に立って、

何気ない木の様子にも

P1070477

いつもの季節やなぁと思う。

遠くを眺め

P1070479

あれっ『家に、この場所と同じ写真があったぞ』とか

家に帰り、アルバムにさがしても見つからず、古いお菓子の缶の中にその写真を見つけた。18年前セルフタイマーで撮った私と末娘。

P1070481_2

時の流れの中で、変わったもの、変わらぬもの。見た目は変わっても本質が変わらないもの。

朝夕、田を歩くだけでも教わることはたくさんある。

|

« 一坪の畑 | トップページ | 香る蔓 »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一坪の畑 | トップページ | 香る蔓 »