« 流れ込むもの | トップページ | 積み重ね »

2012年6月 9日 (土)

育つ命

今年のバルブ調整は「1回転半」と決めました。

 幼馴染から預かった田は、谷の水取り口からホースを使って一旦タンクに溜めたあと田に引き入れるようになっています。

 その水取り口のバルブ調整を今年は1回転半と決めたのです。昨年は、バルブが閉まった状態から2回転半以上は開けないようにしていましたが、今年の田植え準備時期の谷は心細くなるような流れでした。それで自主規制したわけです。

 この水量では、預り稲を植えるために耕した田全部を養うことはできませんので、休む田もあります。しかし、それもまたよし。野菜を作ったりすれば、楽しいかもしれません。

 もち米も7aほど植え、5月末には田植えも終わりました。一昨日は家内が一人で植え直しをしてくれました。

2012_2 

 そして、昨日からは待ちに待った雨。今朝もその雨は残りました。

20120609

 谷の水も少し増え、涸れかけていた命はよみがえりました。

 ひと月ほど先に植えた人たちの田は株もしっかりしてきています。

 終わると思ったことでも、欲を捨てれば命はつながる。涸れかけた命でも、状況が変われば生き生きとします。自然とは有難いものです。

 育つ命がいっぱい見える今日になりました。

|

« 流れ込むもの | トップページ | 積み重ね »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 流れ込むもの | トップページ | 積み重ね »