« 光にかざす | トップページ | ゆうが尽きる »

2012年6月22日 (金)

大切なもの

大水が出ると水源の調子がおかしくなる。上流からの砂利に埋まったり、流れ出た木屑などで水取りのパイプが詰まったりするのです。

今回も津元の田んぼへ引き込む水が止まり、日が暮れるまでに家内と二人で、久保谷の水源へいった。

P1070525

やはり、取り入れ口に木屑が詰まっていた。ごみを取り除き、一回転半しか開いていなかったバルブを一旦全開にする。そうしてバルブから貯水タンクまでのパイプに詰まった土砂などを一気に流して途中が詰まることを防ぎます。それからまた、バルブを閉めたあと、一回転半開いて必要最低限の水をいただきます。

谷に水が沢山あっても少なくても、いただく水は欲張りしてはいけない。田に水を引き入れても、あふれるような事はできるだけしないようにする。

P1070556

|

« 光にかざす | トップページ | ゆうが尽きる »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光にかざす | トップページ | ゆうが尽きる »