« しち蜂 Ⅲ | トップページ | たまには »

2012年8月21日 (火)

うれしい夕方

 田んぼにサルが入った。

 日曜日の夕方、西の岡の丸田で草刈りをしていて、四枚の棚田のいたるところで稲が倒れているのを見つけたのです。もうサルの姿も気配もなかった。とし君に聞くと、大きな群れらしく、もう、裏の辻を越えて立花川の方へ行っているから、しばらく来ないだろう。と、言う。それでも、息子と二人、日暮れまで進入口と思われるところの電気柵を補強した。

 そして、昨日(月曜)の夕方、草を刈ったばかりの畦にサルが座っているのを見て近づくと、すごい数のサルが散らばり周辺の山へ飛び込んで行った。また、やって来たのです。8月の初めに穂を出した早生種。動物の被害にあわないうちに収穫しようと考え、選んだ品種ですが無駄でした。

 今年はもう打つ手はないのか?いそいで、猟友会の方に電話をし駆除のお願いをした。

 その後見て回った残りの2カ所の田んぼは大丈夫でした。公平ちゃんに預っている田んぼの水を調整して見晴らしの良いところに戻ったら、夕方の空に二重の虹がかっていた。

Photo

 もう駄目だ。出来ない・・・・。そのようなつまらぬことを思うのはやめよう。

 一生懸命しよう。それでだめでもまた一生懸命しよう。負けるとか勝とかそのようなことではなく、背中がすっと冷たくなるような悔しさにあっても、やっぱり一生懸命しよう。「一生懸命良いと思うことをする。それだけなのだ。」虹のおかげで、いつもの思いがよみがえった。

|

« しち蜂 Ⅲ | トップページ | たまには »

ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しち蜂 Ⅲ | トップページ | たまには »