« 海を見に | トップページ | 花冷えも温かい »

2013年4月10日 (水)

おそるべし うっふ

うっふが歩けなくなり、水さえも受け付けなくなったときは、もうだめかと思った。

花冷えの日は体にさわるからと座敷に上げて面倒をみようと提案したが、これまで過ごした場所が良いと却下された。外の景色が見える場所のほうが良いというのがその理由だった。

Photo

動けなくなった翌日、息子が何とか水を飲ませてくれた。それから鼻先でロールケーキを見せ付けた。すると、小さく割ったケーキをパクッと食べた。

Photo_2

今がチャンスと缶詰のフードを与えたら食べた。でも、起き上がることはできなかった。低反発マットに寝かせ、反転の時間を決め記録しながら面倒をみた。足をさすり背中を撫で、関節を動かすことを忘れないようにした。

何日か過ぎた昼、家内から「うっふが立った」「歩いた」とメールが来た。

息子が、支えてうっふを立ち上がらせたら何とか足を動かしたというのです。

Photo_3

自力で立ち上がることはまだ無理ですが、リードの支えを無くしても歩行ができるようになった。

Photo_4

15歳になってこの回復に家族は驚いています。

今夜も私は彼のそばで眠り、夜中から明け方に2度ほど起きて軽く散歩をしていただくのです。

|

« 海を見に | トップページ | 花冷えも温かい »

季節とくらし」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
ご無沙汰しています。
ブログは毎日のぞかせてもらってますが・・。

「うっふ」の記事からなかなか更新がないので心配してました。ひとまずホッ!ですね。
愛犬のことを思い出して胸がつまります。

元気でいてくれること祈ります・・・。

投稿: やまんば | 2013年4月11日 (木) 22時42分

コメントいただいておりましたのに、失礼しました。

うっふが、自身で出来ないこと(立ち上がることなど)は手を少しかしますが、出来るだけ運動できるようにしています。
それにしても、この年齢でこの回復力には感心しています。

生きるということの大切さを教えられます。

また、報告します。

投稿: 英 | 2013年4月15日 (月) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海を見に | トップページ | 花冷えも温かい »